♥ 探し物は何ですか?
■記事の検索
■プロフィール
■カテゴリー
■リンク
■QRコード
■RSSフィード
和牛と国産牛の違い
「和牛」というと高級そうなイメージがあります。では、和牛と国産牛の違いはどこにあるのでしょうか。

図をご覧いただければ一目瞭然ですが、まず「国産牛」というのは「産地」のことで、日本で3ヶ月以上飼育された牛はすべて「国産牛」となります。

つまり、オーストラリア生まれの日本育ちであっても、日本で3ヶ月以上飼育されれば「国産牛」です。

次に、「和牛」は「品種」のことで、日本の在来種を元に改良された品種が「和牛」と呼ばれます。具体的には「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」の4品種のみが「和牛」です。

「ちょっと待って!松坂牛は和牛じゃないの?」

と憤った慌てん坊の貴方。ご安心ください。松坂牛は「黒毛和種の雄牛」です。
ちなみに、国内で飼育される和牛の90%以上が黒毛和種です。

逆に、産地名のついたブランド牛でも、和牛でないものが結構あります。
例えば「十勝牛」はホルスタイン種の銘柄牛です。

余談ですが先日、友人の高橋に「但馬牛のステーキだよ」と偽って
アメリカ産の牛肉を振舞ったところ、

「さすがは但馬牛。アメリカ産とは格が違うよ、格が!」

とのたまわっていました。TV番組の「芸能人格付けチェック」の例を出すまでもなく、案外、その程度のこともあるものです。

とどのつまり、ブランドに拘らず、美味しければO.K.ですね。

【カテゴリー ●●と××の違い】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |