♥ 探し物は何ですか?
■記事の検索
■プロフィール
■カテゴリー
■リンク
■QRコード
■RSSフィード
Web2.0(ウェブにーてんぜろ)とは
Web 2.0(ウェブにーてんぜろ)とは、ぶっちゃけ「次世代ウェブ」ということです。
ただ、これは2004年〜2005年ごろにとっての次世代で、いまとなっては「次世代ウェブ」というのは、もう当て嵌まらないかもしれません。

ブログ、SNS(mixi)、ロングテール(Amazon)、Wiki(ウィキペディア)、AJAX(Googleマップ)、などがキーワードとしてよく取り上げられます。

そもそも、このWeb 2.0を提唱したのはティム・オライリー(Tim O'Reilly)を中心とするメンバーで、2004年11月に「Web 2.0 Conference」がサンフランシスコで開催されたのをきっかけに世界的に広がりを見せ、より広義な意味でのWeb2.0という概念が定着しました。

Web2.0とは「概念」ですので、ソフトのように明確なバージョンアップというものは存在しないのでご注意ください。

というのも、その昔ITというコトバがもてはやされていた時代、

「君! 我が社のITはバージョン4.0だよな?」

と、打合せ中に部長が誇らしげな顔で言ったことを思い出したのです。

おいおい、そらITじゃなくてIE(Internet Explorer)じゃねぇのかよこのハゲ部長が! と大声で(心の中で)叫んだのを思い出したのです。

みなさんも、どうぞご注意ください。



【カテゴリー インターネット】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |