♥ 探し物は何ですか?
■記事の検索
■プロフィール
■カテゴリー
■リンク
■QRコード
■RSSフィード
賞味期限と消費期限の違い
「アイスクリームに賞味期限はないんですよ」と言ってもまったく驚かれないくらい、TVなどでは取り上げ古されているネタですが、ではアイスクリームに消費期限があるのかどうかをご存知でしょうか?

賞味期限と消費期限の違いを理解している賢明な諸兄は思わず「プッ」と吹き出してしまったかもしれませんが、当然、消費期限もありません。

賞味期限と消費期限の違いは以下のとおりです(※食品衛生法及びJAS法による定義)。


賞味期限
定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日をいう。ただし、当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがあるものとする。

消費期限
定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日をいう。

おおざっぱにいうと、賞味期限は「おいしく食べられる期間(期限)」、消費期限は「安全に食べられる期間(期限)」と考えてよいでしょう。消費期限はおおむね5日以内に劣化するものに表示され、賞味期限はそれ以上の劣化の比較的遅いものに表示されます。

賞味期限は多少過ぎていても「大丈夫、大丈夫」と言って口にしてしまう方もいらっしゃると思いますが、消費期限を過ぎているものに関しては、チャレンジ精神や頑強な胃腸が要求されます。

また、賞味期限や消費期限は「加工食品」に表示が義務付けられているもので、野菜や果物などの生鮮食品は表示義務がありません。

参考URL:
農林水産省 食品の期限表示について

【カテゴリー ●●と××の違い】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |