♥ 探し物は何ですか?
■記事の検索
■プロフィール
■カテゴリー
■リンク
■QRコード
■RSSフィード
あたりめとは
「あたりめ」とは「するめ」のことです。

「そんなの当たりめぇじゃん」
という賢明な諸兄はこの先を読む必要はないでしょう。

商売をする上で「する(擦る)」とうい言葉は損失を表し、またモノを盗むという意味もあり「忌み詞(いみことば)」として嫌われました。

そこで、「する」を縁起の良い「当たり」に言い換え「あたりめ」としたのです。「すり鉢」を「あたり鉢」と言うのも同じ理由ですね。

ごく稀に、スルメを加工しておつまみにしたものが「あたりめ」だと思い込んでいらっしゃる方もいるようですが、間違いですのでご注意ください。

ちなみにスルメは漢字で「鯣」と書きます。

また余談ですが、同じ理由で「駿河湾(するがわん)を「あたるがわん」という」という話を級友の高橋から聞いて信じ込み、私自身が友人・知人に吹聴して回ったのですが、ウソだったようですのでご注意ください。

【カテゴリー ●●とは】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |