♥ 探し物は何ですか?
■記事の検索
■プロフィール
■カテゴリー
■リンク
■QRコード
■RSSフィード
セロテープ
「セロテープ」はニチバンの商標です。一般名称はセロハンテープですね。このセロテープについては、個人的にほろ苦い想い出があります。

もう記憶のはるか彼方の話になりますが、バイト先で「セロハンテープあります?」と訊いたところなぜか周囲から笑がこぼれ、「それを言うならセロテープだろ」と先輩の岡崎さんに窘(たしな)められました。

内心、「え?セロハンテープじゃないの?」と思いながらも、当時はセロハンテープが一般名称でセロテープはニチバンの商標だなんて知りませんし、今のようにインターネットで気軽に調べることもできませんから、何かこう、納得のいかないモヤモヤとしたものを心に抱きながら、しかし幼少のころから「セロハンテープ」として慣れ親しんできたものを、自分を曲げてまで「セロテープ」と言うのも若い私にはシャクでしたし、結局、笑いが起きようとも「セロハンテープ」を押し通したのです。

ニチバンのセロテープ

今となって思い返してみれば、岡崎さんをはじめとするあいつらのほうがバカ間違っていたわけです。そういえば岡崎さんに貸したファミコンのカセット16本、そのまま持ち逃げされてしまいました。ほろ苦い想い出です。

参考URL:
ニチバン株式会社

【カテゴリー 登録商標】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |
カップヌードル
いわずもがなですが、「カップヌードル」は日清の商標です。一昔前ですと「カップヌードル食わない?」という日常会話はよく聞かれたのですが、最近では「カップ麺食わない?」のほうが一般的に用いられることが多くなってきていますが、やはりキングオブカップ麺はカップヌードルです(あくまで個人の感想です)。

筆者も愛食しているカップヌードル

世界初のカップラーメンであるカップヌードルの誕生は1971年。もちろん、日本の発明品です。随分昔からあるなぁと思う方もいらっしゃれば、まだそんなもんなんだ、と思う方もいらっしゃると思います。

カップヌードルの誕生秘話や歴史に興味を持たれた方は、オフィシャルサイトである
日清CUPNOODLEのサイトをご覧ください。お楽しみいただけると思います。

【カテゴリー 登録商標】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |
ムース
ムース、いわゆる整髪料としての「ムース」は資生堂の商標です。あのフワフワとした泡状の整髪料は、資生堂以外のものはムースと呼んではいけないことになっています。

しかしながら例えば床屋で髪を切ったあとに「何か整髪料をおつけしますか?」と聞かれて「ええ、泡状整髪料をお願いします」と言っても「え?」と聞き返されてしまう可能性が非常に高いので、やはり素直に「ムースお願いします」と言ったほうがよいでしょう。

ヘアフォーム

ちなみに「ムース」という商標は「食肉やソーセージなど」では「グリコ」、「醤油やソース、ケチャップ、マヨネーズなど」では「キッコーマン」が登録しています。

【カテゴリー 登録商標】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |
ウォシュレット
「ウォシュレット」はTOTOの商標です。いわゆる洗浄機能付便座(温水洗浄便座)のことですが、他社製のものもウォシュレットと呼んでいる方も多いと思います。しかしウォシュレットと呼べるのはTOTOの製品だけですので、

「オマエんちのウォシュレットってINAXだっけ?」

というのは根本的に間違いであることが分かります。

「ウォシュレット」の発売は1980年(昭和55年)。それから四半世紀以上が経過した現在、温水洗浄便座の世帯普及率は6割に達し、無い世帯のほうが少数派になってきました。慣れてしまうと、コレが無いところでは用を足せない、という方も多いようです。

余談で恐縮ですが、私(♂)は座り方が浅いのか「おしり」ではうまく洗うことができず日常的に「ビデ」のほうを利用しています。

【カテゴリー 登録商標】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |
ウォークマン
登録商標が一般名詞化した筆頭として上げられるのが「ウォークマン(WALKMAN)」でしょう。ウォークマンはソニーの商標です。一世を風靡した当時、いわゆる携帯型ヘッドホンステレオといえば「ウォークマン」でした。さしづめ、いまでいうとiPodというところでしょうか。

当時、中学生だった私は級友に
「ウォークマン貸してくれない?」
といったところ、
「え?ウォークマン持ってないよ」
と言い返され、いまさっきまで聴いていたのを見ていた私は、
「さっき聴いてたじゃん!」
と胸ぐらを掴んで恫喝するとその級友は目に涙を浮かべながら
「アレはウォークマンじゃなくてカセットボーイだよぅ」
と弱弱しく言い、商標について説明してくれました。

後に彼は21歳という当時最年少で弁理士試験に合格し、朝日新聞地方版に掲載されました。私は当時の記事の切り抜きをいまだに持っています。というのはまったくの作り話です。

現在、SONYのウォークマンといえばMP3プレーヤーを想像する方がほとんどかと思いますが、テープ版のウォークマンも現行機種として健在です(2006年7月現在)。

参考URL:
“W.Walkman”(ウォークマン・オフィシャルサイト)

【カテゴリー 登録商標】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |
登録商標とは
登録商標商標とは、商品名やサービスマークのことです。登録商標とは商標登録を受けている商標、つまり特許庁に商標登録の出願を行い、登録されたものです。第三者が勝手に使用すると、怒られてしまいます。
商標についてご興味を持たれた方は、特許庁のウェブサイトをご覧ください。

このカテゴリーでは登録商標、つまり特定のメーカーの商品名が、あたかも一般名詞として使用されている例をご紹介しています。

またここで取り上げている商標は、すべて特許庁のウェブサイトより検索することが可能です。もしかしてアレも商標?と思うものをご自分で検索してみると、新しい発見があるかもしれません。

余談ですが、早口言葉でおなじみの「東京特許許可局」というのは実際には存在しませんのでご注意ください。

参考URL:
特許庁ホームページ

【カテゴリー 登録商標】 | この記事のURL | ▲PAGE TOP | |